この記事のポイント

  • 今後、勉強やビジネスの舞台は、ますますワールドワイドに!
  • 子どもたちは、語学の天才!? 英語学習は、早ければ早いほどいい
  • 2020年、小学校5・6年生で「英語」が正式教科に!
  • 人と人の交流があってこその言葉。言語学習には、コミュニケーションが最も大切

英会話が乳幼児の習い事に

毎日のニュースで「グローバル」という言葉を耳にしない日はありません。これからの時代、お子様たちは否応なく、日本国内だけでなくワールドワイドに勉強やビジネスなどの舞台を求めていくことになります。その大前提となるのが言うまでもなく英語を主とした外国語の習得です。

乳幼児の習い事として、ピアノ、プール、体操といった定番のメニューのほかに最近、英会話が加わってきたという話をよく聞きます。もうすでにお子様たちの将来を見越した考えをお持ちの保護者の方々がたくさんいらっしゃるということでしょう。英語が生活していくうえでの必須のスキルとしてとらえられています。

小さなお子様を持つ皆さんが共通して持っている疑問がこれです。「英語の学習は、いつから始めるのがよいでしょう?」
答えは明快です。早ければ早いほどいいのです。

語学習得は早ければ早いほどいい

生まれたばかりの赤ちゃんは、特に言葉のトレーニングをしていなくても、1年もたたないうちに、自分の思っていることを口に出そうとしていますよね。そう、幼い子供たちには、生まれながらにして驚くような語学の才能が備わっているのです。

それを英語の習得にも利用しない手はありませんよね。早い取り組みが何よりの近道なのです。日本語もまだしっかり話せないそんな早いうちから…とやや抵抗感をお持ちの保護者の方もいらっしゃるでしょう。でも生まれてから間もない時期に身近に英語のある環境を作ってあげると、発音したり聞き分けたりしにくい「R」と「L」の違いなども自然に身につけることができるようになります。これらは大きくなってから苦労する点だとよく聞いたことがありませんか?

そうでなくても、子どもは10歳ぐらいまでが、自然に英語に親しむことができるギリギリの年齢とされています。このころをすぎると、生活の中の英語ではなく、いうならば学問として取り組む英語となってしまいます。これまでの日本の教育ではまさにこの時期にあたる中学生から英語を開始していたわけです。

2020年、英語は小5・6年で教科に

そんななか、日本の英語教育はこれから大きく変わります。
ご存じのようにすでに多くの小学校で英語の教育が行われていますが、小学校5、6年生で現在、必修の外国語活動が2020年から正式教科となり、小学3年から必修となります。「国語」「算数」などに「英語」も加わり、お子様の学習状況が評価されることになるわけです。

その狙いは、ずばり、グローバル社会で活躍する人材を育てることです。文部科学省の「『英語が使える日本人』の育成のための行動計画」によると、外国語による日常的な会話や情報交換などのコミュニケーション能力は、子どもたちにとって「必要になってきている」といいます。つまり、国も本腰を入れて子どもの早い時期での英語教育に乗り出したことを意味します。

今後、英語の必要性は高まりこそすれ、必要なくなることは決してありません。小学校で英語教育の早期化の波がすぐそこまで来ている今、お子様への英語学習の学びの機会の提供は、何よりの贈り物となることでしょう。
そのため、できるだけ小さい時期からの英語への取り組みをお薦めしたいのです。

英語を身につけるには…

となると、どうすれば、英語をネイティブ・スピーカー並に身につけることができるのかということですよね。ビデオなどの音声や動画のインプットだけでは、効果が薄いことが数多くの研究で分かっています。

やはり人と人との交流があってこその言葉です。人が子どもの相手となって英語で話しかけ、それに英語で答える。最初はもちろんたどたどしいでしょう。それは母国語だって同じことです。そういった双方向のやりとりが英語に限らず、言語学習にとって最も有効な方法なのです。

そういった意味で、英会話教室の利用を考えていただきたいと思います。子ども向けの英会話教室が今、各地で爆発的に増えています。その中からどうやって選んだらいいか迷いますよね。大事なポイントはやはりまずカリキュラムです。子ども一人一人の能力と成長に合わせて、どのようなタイミングで無理なくレッスンを重ねていくかが重要です。

学習環境に配慮した教室

加えて、大切なお子様を預けるにあたって、学習環境の確認、教室の安全性のチェックも大切です。特に乳幼児期はもっとも活発で好奇心旺盛なころ。お子様にとってストレスのない安全な教室環境とシステムの完備は必須です。

私たちアミティーでは、お子様の安全と健康を配慮した学習環境づくりを心がけています。エコで人にも優しい資源の木炭を敷き込んだ壁や床、安全なドアノブや指はさみ防止ストッパーの使用、画びょうや小さなマグネットの禁止、各部屋に加湿機能付き空気清浄機を設置してシックハウス症候群の対策-など細かいところまで気を配っております。

さらに学習カウンセリング、授業参観、保護者座談会などお父様、お母様、おうちの方に向けたサポート態勢もさまざま整えています。