キャビンアテンダントに求められる英語能力は?

英検・TOEIC®L&Rでこんな未来が開ける!

TOEIC®L&R・TOEIC Bridge®Testは、それぞれTOEIC®・TOEIC Bridge®と表示しています。

女性にとって憧れの職業のひとつ、キャビンアテンダント(CA)。ここ最近は日本人の海外旅行にも増して、海外から訪日外国人が増加しており、Low Cost Carriar(LCC)を含め、日本の各空港で新規就航や増便が増えていますから、CAの就職のチャンスも増えています。 CAではまず基本能力として英会話の能力が必要です。特に外資系の航空会社では訓練が英語で行われ、コミュニケーションのための言語は英語となります。 そんなCAの採用にあたり、求められる英語能力は基本的にTOEIC®で判断されます。エントリーシートなどで英語はTOEIC®以外のスコアを書く欄がない場合もあり、TOEIC®のハイスコアは必須条件です。

  • 国内の航空会社(JAL、ANA)では、TOEIC®600点以上。実際には700点前後の応募者が結果的に採用されているようです。
  • アジア系の航空会社では、TOEIC®600点以上。シンガポールや香港はその国の英語力も高く、700~750点は必要となります。その他の航空会社でも訓練はすべて英語で行われるので、ついて行けるレベルの英語力が最低限必要となります。
  • 欧州系の航空会社では、TOEIC®800~850点以上。英語が母国語では無いけれど、ヨーロッパの共通言語として英語についての高い能力が必要になります。特に北欧系では英語以外の言語も話せる人が多く、高い語学力が求められるようです。
  • 欧米・中東系の航空会社では、TOEIC®850~900点以上。募集要項に「英語堪能」と謳われています。中近東の航空会社のCAは世界中から集まっており、公用語も英語となっています。

欧州・欧米・中東系ではネイティブ並みの会話力が必要となります。いずれも採用試験ではエントリーシートを提出することになるので、書類審査を通過する最低の条件が、TOEIC®のスコアとなります。 英語だけで合格する訳ではありませんが、英語のスコアと面接などで英語で主張ができる能力を中学、高校から身につけていくことが憧れを現実にするひとつの方法だと思います。