春休み海外研修レポート

研修ツアーの意義・成果などについてよせていただいたコメントをご紹介します。

アミティーでは、春休み期間中の3月23日~3月31日に海外研修ツアーを開催し、全国の学校から11名の中学生・高校生にご参加をいただきました。
この研修ツアーでは、世界的にも有名なハーバード大学のビジネススクール(大学院)での特別講義や、現地大学生との交流・ディスカッション、わずか10名しかいない日本人留学生との面会、またマサチューセッツ工科大学(MIT)では、ロボット工学やコンピューターサイエンスの講義を聴講。研修を通じ、参加した生徒さん達はコミュニケーションへ果敢に挑むとともに、「英語を使って何を学ぶか」といった意識を高めることが出来ました。また最終日にはハーバード大学の学生の前で1人ずつプレゼンテーションを行う場面があり、11人ともとても素晴らしい発表を行ってハーバード生を唸らせていました。
今回参加した11名の生徒さんの中から代表し、7名の高校生に研修ツアーの意義・成果などについてよせていただいたコメントをご紹介します。

豊橋校
浅井 愛宗(あさい やすひろ)さん
(高2)

コメント

今回ボストンを訪れて、英語の技術だけでなく、それ以外の事も沢山知る事が出来ました。ジョン・F・ケネディライブラリーでは、ケネディが太平洋戦争時に海軍軍人だった事にちなんだ展示があり、その中で戦争に対する日本とアメリカの意識の違いを見る事が出来ました。
また日本では知らなかった事も知る事が出来ました。中学の時、同級生が「ハーバード大学は入るのは簡単で卒業するのがとても難しい」と言っていました。その時の僕は「へぇ~そうなんだ」と思って少し意外な感じがしましたが、実際に現地に行って現役生の話を聞いてみると「完璧に嘘だ」と知りました。なにしろ合格点がかなり高く、難しいテストがあると知り、とてもではないけど簡単ではないと思いました。
今年はアミティーで昨年まで受講していなかった英会話のレッスンを始めました。聞けるだけでなく、話す力をもっと伸ばしたいと思います。

松本校
山田 晴己(やまだ はるき)さん
(高2)

コメント

高校の研修旅行でイギリスのケンブリッジ大学を訪れた際、イギリス英語、アメリカ英語の違いに興味を持ったことと、日本、イギリス、アメリカ、それぞれの国の文化や大学の違いを直接この目で確かめ、経験したいと強く思って、今回のツアーに参加しました。
MITではロボットを見学し、ロボットへ簡単なプログラムを入力して動かすという体験が楽しかったです。ハーバードでは、大学生から大学生活について話を聞くことができました。大学生との交流では、自分の考えをもっと英語で上手に伝えることができれば…と思う場面も時折あり、英語でもっと自分が表現できるようになりたいと思いました。また、アメリカの授業では、必ず最後の10分に討論の時間を設け、相手の意見を聞き、考え、意見を交わし合う授業風景が、日本のものとは異なりとても印象的でした。 この経験をもとに、自分の英語力を磨いていきたいと思います。本当に貴重な体験ができ、素晴らしい思い出となりました。

富士校
佐藤 嘉眞(さとう よしき)さん
(高2)

コメント

I’m going to write about what I learned on this trip.
I wanted to improve my English communication skills, so I needed to remember a lot of vocabulary and talk with foreign people a lot. While I was at Harvard University, the students there taught me a method for remembering vocabulary. The method was to write down any difficult vocabulary. I will practice writing down vocabulary in my free time from now on.
I knew that my speaking skills were not good enough before this trip. I talked with foreign people a lot, and my English has improved. I want to talk with foreign people more and go abroad a lot to improve my English. I also want to do homestay for about three months when I go abroad next time, but before this I want to continue improving my English skills in Japan.
I will utilize all the information and experience that I got on this trip.

豊橋校
鈴木 啓佑(すずき けいすけ)さん
(高3)

コメント

僕は海外に行くこと自体このツアーが初めてで、言葉の違いはもちろん、文化や食生活などの違いにも対応していけるか不安でした。
しかし実際に行ってみると、確かに日本ではあまり考えられないようなこともありましたが、不安を感じていたようなことはほとんど起こりませんでした。その中でも、現地にいて戸惑ったことのひとつが、お店のレジで“How are you?”と聞かれたことでした。日本では実際、このような会話をしたことはありません。こういった軽い挨拶が、アメリカでは普通のことのようなので、当たり前に会話していることに驚きました。アメリカと日本での会話についての考え方が異なっていることに、とても興味を覚えました。
今回のツアーに参加したことを通して、英語で会話出来るようになる為には、言語を学ぶだけでなく、実際に海外へ行って、外国の文化や価値観の違いを肌で感じ、そして見ることが必要であると気が付かされました。この経験を基に、更に英語力を磨いていきます。

郡山校
向田 明以(むかいだ あい)さん
(高2)

コメント

国外へ出ること自体初めてだった私は、今回の研修で多くの刺激を受けました。一番刺激的だったのは、ハーバード大学生との交流です。将来の夢を聞くと「日米の架け橋となる人になりたい」と言っていて、世界規模の夢がすごくかっこよく思えました。
また現地の英語のスピードには困惑しました。事前にリスニングの練習をしていましたが、想像以上のスピードでした。すごく悔しかったので、今後は文法とともに、英会話にも力を入れていきたいです。また今回、文化の違いにもたくさん触れることができました。電車に時刻表がないこと、道路の信号をあまり気にとめないことなどです。日本人の真面目さに感心し、同時にアメリカのおおらかさにも惹かれました。
この研修で、日常では絶対に経験できない体験ができました。また、広島や愛知など、各地に友達ができたことも嬉しいです。もっともっと英語の勉強を頑張って、将来日本のために何かできる人になれたらと思います。

広島府中校
篠塚 まりな(しのづか まりな)さん
(高2)

コメント

By joining this program, I experienced many things that I can’t do in Japan.
I wanted to go to America to see how university life in there was like. I visited the MIT and also the Harvard University. I talked to the students there about Japan and Hiroshima. Talking with them in English and learning many things from their words were fun. American students are thinking that university is more important than how Japanese students think about it. In Japan, I’ve once heard that “The university period is the summer break in life.” So I was feeling that learning in universities will be easier than learning in high school. But I felt that this wasn’t true when I visited American universities. The university students I talked with said that they study harder than they did in their high school.
I had a lot of fun in Boston! I hope this experience will be a big part of my future life. I feel happy that I joined this trip. Thank you very much!!

豊橋校
松岡 威都(まつおか たけと)さん
(高2)

コメント

僕は今回の研修ツアー中、友達と一緒に、面白いなと感じられるものを、外観から自分たちの言動まで、少し細かく観察していました。道端に捨てられたバナナの皮、美術館で見つけた日本の有名人に似た石像など、くだらないものばかりです。しかし、こういった観察をしていたおかげで文化の違いや、美術館の印象的な展示物などをたくさん発見することができました。
もちろんこれ以外にも印象的だった出来事はたくさんあります。最も心に残っているのは、3日目のハーバード大学でのディスカッションです。内容は日本の宗教についてでしたが、宗教にはこれまでほとんど関心がなかったので、自国の文化への興味のなさを痛感しました。これらを通じて、海外旅行や留学に行ったときにはどのような形でもいいので色々なものを観察すること、自国の文化について詳しく学習することが大切だと感じました。これらのことを、自分の将来設計に役立てたいです。