英会話はまだ早いと思っていませんか?

聞き取れれば話せる!耳で聞いた言葉を口で発話する。これが言語を話せるようになる基本動作です。幼児期に耳を鍛えることによってグンとスムーズになります。

英語を聞き取る周波数の獲得は、5歳くらいまでがタイムリミット。

周波数(英語耳)をご存知ですか?

例えば1秒間に100回振動するのが100ヘルツ。その振動が耳に伝わり、聴覚神経を通って「聞こえる」ということになります。人間の耳が聞き取れる周波数は約16ヘルツ~1万6000ヘルツぐらいですが、言語によって優先的に使われる周波数(パスバンド)には大きな違いがあると言われています。

例えば、日本語のパスバンドは125~1500ヘルツ。英語は2000~12,000ヘルツという差があります。日本人は英語の高周波を聞き取ることが難しいため、ネイティブの英語が聞き取りにくいのです。

聞き取り能力の確立時期は5歳まで

バスバンドは5歳くらいまでに基本的な聴覚として確立され、大人になっても消えることはないと言われています。小さいときから英語のシャワーを浴びておけば、英語のパスバンドの習得が楽、つまり、苦労なく英語の耳を鍛えることができるのです。パスバンドは大人になってからも鍛えることはできますが、より努力が必要です。

言語に対する柔軟性を持つ赤ちゃんは、やっぱり語学の天才

小さいお子さんの中でも、とくに1〜2歳ごろの 赤ちゃんはどんな言語でも吸収し、 自分のものにする柔軟性を持っています。

1〜2歳の幼児の脳はスポンジのようにあらゆるものを柔軟に吸収していきます。しかし、成長につれて、言語を分析的に把握、理解する力が発達すると、皮肉なことにこの柔軟さは急速に失われていきます。日本語を自在に操るようになってから初めて英語に触れたこどもの場合、「英語はわからないから嫌い」というケースも多くなるのはこのためです。だからこそ、第二言語として英語を操れるようになるためには、1歳~2歳というこの時期は逃してほしくないのです。

日本語への悪影響を心配するのはナンセンス!

「まだ日本語も話せないのに英語を始めても」・・・

と日本語への影響を心配される方もいらっしゃいます。けれども、日本で生活するかぎり、常に大量の日本語をインプットされていますから、1週間のうち、数時間英語に接したとしても、その悪影響があらわれることはありえません。むしろ第二言語の習得は母語(日本語)を強化し、思考を柔軟にするなどプラス面があるという研究結果も報告されています。確かに学びはじめの小さな子供は日本語まじりの英語、英語まじりの日本語を発することもありますが、次第に成長するなかで、必ず日本語と英語を区別し、使いわけられるようになります。

このように、日本語にない音を聞き取り、過去時制や三人称単数による動詞の変化などの文法も、理屈ぬきで体得できるのは、早期教育のたまものです。