教育方針

アミティーでは、乳幼児から高校生まで一貫して学べる充実した環境を用意。

成長段階に応じた適切なレベル、アプローチによる指導を行うことはもちろん、その時々のお子様の心理面なども配慮したベストな教育を提供します。子供のための英語・英会話の専門校として、一人ひとりの学習意欲、英語への興味を最大限に引き出し、お子様の確かな成長・上達をお約束します。

アミティーの教育方針

  1. 一人ひとりの年齢、成長、個性に応じ、適切かつ魅力的な教育を行い、 コミュニケーションの楽しさを体感させる。
  2. 英語表現の基本事項に重点を置いた指導を行い、 語彙・構文を確実に定着させ、ごく自然な発話を促す。
  3. 各年代の心理や理解力を十分に考慮したうえで教育を行い、 「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を同等に高めていく。
  4. 英語教育を通じて異文化の理解を図るとともに、 互いの価値観を尊重し合うことができるマインドを育成する。

指導目標

あやふやな理解のまま英語学習のカリキュラムを消化させるのではなく、英会話の基礎学習の十分な積み重ねにより一人ひとりの完全な習得を図ります。表現上の基本をしっかりと定着させ、スムーズに発話できる確かな英語力を養います。

お子様の心理や言語発達のプロセスをふまえ、 適切で無理のない指導を行います。

アミティーでは、日本の子供が日本語を、アメリカの子供が英語を体得する段階や手順をふまえ、同様のプロセスを経ることが、最も自然で理想的な方法と考えています。お子様に無理を強要し、いきなり高度なものをより多く覚えさせるのではなく、乳幼児期から青年期までの発育過程に従いながら、年齢に応じたレベルの単語や表現を少しずつ、しかし確実に定着させていくことが私達アミティーの方針です。

個性に応じたアプローチにより、 一人ひとりの効果的な学習をバックアップします。

限られた学習時間の中で、ことばの定着を最大限に高めるためには、お子様の英語学習への興味・関心を引き出し、主体性を持ってレッスンを受講いただくことが重要です。アミティーでは、マニュアル化された画一的なレッスンではなく、お子様一人ひとりの個性や理解力、英会話の上達スピードに応じた適切で魅力あるアプローチを心がけ、より効果的に英語力を高めていただけるよう配慮を加えています。

「聞く」「話す」「読む」「書く」をトータルに指導し、 会話・文法の総合力を養成します。

アミティーでは、お子様の英会話力を高めることはもちろん、読み書きや文法も成長に応じて積極的に導入することを方針としています。レベルの高い英語力養成のためには、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をバランス良く、総合的に高めることが必要です。文法を導入することで、会話の場面でもより適切な表現ができるようになるなど、会話と文法は互いに補完し合う特性があるとアミティーは考えています。

高校卒業までの一貫した指導により、 実践力・応用力のある高度な英語力を育てます。

アミティーは、乳幼児期から高校生までの英語の一貫教育を通じてことばの力を確実に高め、学校英語や受験英語への対応はもちろん、生涯にわたって役立つ、より本格的な英語力の育成を目指します。当校では、多くのお子様に高校卒業までに英検準1級を取得いただくとともに、リスニング力に優れ、ネイティブスピーカーにも通用する発音ができるコミュニカティブな英語力を身につけていただきたいと考えています。

表面的な英語表現だけでなく、 ことばの根底にあう文化的背景への理解も深めます。

全てのことばには、それを用いる国や人々の文化的背景が必ずあります。当校の英語教育は、表面的な表現の指導のみにとどまらず、日本と外国の文化の違い、また日本人と外国人の価値観の違いについても理解を深めていくことが方針です。真のコミュニケーションを図るためには、相手の立場や価値観を理解し、尊重し合うことが大切とアミティーは考えています。