TOEIC®L&R・TOEIC Bridge®Test 対策クラス

正答率アップを目指して効果的なTOEIC®L&R・TOEIC Bridge®Test対策を行います。

TOEIC®L&R・TOEIC Bridge®Testは、それぞれTOEIC®・TOEIC Bridge®と表示しています。

TOEIC®L&R・TOEIC Bridge®Test 対策クラスを受講することで、それぞれの試験方法に慣れることができ、初めての受験でも本来の実力を発揮できます。レッスンでは出題傾向をふまえた語彙等の確認をはかり、模擬テストを通じて、集中力・即答力が求められるテストの感覚や解答テクニックを身につけていきます。
プライベートレッスンなので、お子様のレベルに応じた授業を構成し、弱点を補強して英語力を向上させることができるクラスです。

レッスン形態

TOEIC®テストは、英語学習者の実用的なコミュニケーションスキルを図る英語テストの世界基準。
TOEIC Bridge®テストは、そのジュニア版です。

TOEIC®は、世界60ヶ国で年間200万人もの方々が受験するグルーバルスタンダードな英語試験です。ここ日本でも、世界の共通尺度で英語の基礎的・実用的なコミュニケーションスキルを診断・評価することができるテストとして注目されています。
TOEIC Bridge®は中学生以上を対象としたTOEIC®のジュニア版で、2001年11月よりスタート。アミティーでも、2002年度から中高生の生徒さん全員にTOEIC®IP・TOEIC Bridge®IPテストを、年に2回のペースで定期的に任意で受験していただいています。
TOEIC®を受験する意図は、学習意欲の向上と英語・英会話スキルの確認で、年に2回の定期受験によって学習することの楽しさと成長の喜びを感じていただけます。

TOEIC®・TOEIC Bridge®の位置づけは…

ビジネス用語など広範囲な英語や英会話の知識を必要とするTOEIC®に対して、TOEIC Bridge®は、より日常的な英語・英会話でのコミュニケーションスキルを確認することができるテストです。そのため、中高生の基礎的な英会話・英語のコミュニケーションスキルを図る上でピッタリなテストとなっています。
年に2回、TOEIC Bridge®を受験することで、英語・英会話学習のモチベーションづくりになるほか、将来のTOEIC®受験に向けての第一歩となります。

成績は、合格・不合格ではなく相対スコアとして評価。

TOEIC®・TOEIC Bridge®のテスト結果は、合格、不合格ではなくスコアで評価されます。
(TOEIC Bridge®は20点~180点、TOEIC®は10点~990点で評価されます)
スコアを使った採点方法は、正答率や偏差値などの単純な方法ではなく、統計手法を用いて計算されたものです。
この方法を用いることで、出題の難度や受験者全員のレベルに左右されることなく、本人の英語・英会話スキルを的確に図ることが可能となります。
そのため、これらを受験すれば、より客観的に現時点の英語・英会話スキルを確認することができるのです。

学習費用のご案内(一例:詳しくはお問い合わせください。)

※2018年1月受講開始より下記金額とさせていただきます。詳しくはお問合わせください。

TOEIC®L&R・
TOEIC Bridge®
形態(定員) 時間 期間・回数 基本
授業料
(一括)
設備費
(一括)
追加
授業料
(一括)
追加
設備費
(一括)
ラウンドアップ(6名) 50分 4ヶ月間
16回
64,000 4,800 56,000 3,200
50分 5ヶ月間
20回
80,000 6,000 70,000 4,000
TOEIC®L&R・
TOEIC Bridge®
形態
(定員)
時間 期間
回数
基本授業料
(一回あたり)
設備費
(一回あたり)
追加授業料
(一回あたり)
追加設備費
(一回あたり)
プライベート
レッスン
(1名)
40分 1回~ 6,600 300 5,300 200
50分 1回~ 7,400 300 5,800 200
  • 2回目以降の設備費は200円
  • 入学金(10,000円)、入学登録料(3,000円)、教材費(コースにより異なります。)が別途必要となります。