呉校Kure

アミティー広場

アミティーからのお知らせを掲載しています。

2017年度第2回実用英検のご案内

日にち    10月8日(日)
場所     つばき会館(呉市生涯学習センター)
集合時間   準2級・4級 9:30 (1Fロビー)
        3級・5級   13:00 (1Fロビー)
持ち物    ・HBの鉛筆2、3本
       ・プラスティック消しゴム(消しやすいもの)

音読・暗唱発表会のお知らせ

夏休みに音読・暗唱発表会を開催いたします!

≪日時≫ 8月23日(水)16:30
    8月24日(木)13:30
     8月26日(土)12:30

≪場所≫ アミティー呉校

ぜひご参加頂き、日頃の学習の成果を発表しましょう♪

☆アミティー呉校のクラス紹介☆

今回紹介するクラスは、日本人教師会話グループレッスン【幼児クラス】です。煌太くん、幸大くん、旺輝くん、絢人くんの男の子4人で毎週火曜日にレッスンを頑張ってくれています。毎回、大きな声でリピート練習を頑張り、少しずつ自分で発話出来る単語も増えてきています♪これからも元気いっぱいに楽しく英語を学習していきましょう☆(鈴木花奈子)

アミティーの選べるコース


☆3歳までに始める英語がなぜ良いのか☆

0才から始めた凛ちゃん♪

0歳児クラスから充実のカリキュラム
「うちの子はまだ日本語も出ていない、始めるのには早すぎる」
アミティーでは6か月のお子さんから英語学習をスタートして頂けます。6か月というのにはそれなりの理由があるのです。赤ちゃんが言葉を聞き分ける「耳」が出来上がるのが1歳頃、言葉を発する「あご」が出来上がるのが3歳頃までになります。
【耳】
英語と日本語は実は周波数が異なります。日本語は比較的平坦な言葉で、言ってみればしゃべっていると声のトーンの山や谷が英語よりも格段に少ないのです。生まれたばかりの赤ちゃんは実は聞こえる音の周波数に際限がありません。しかし1歳頃から音が聞こえる耳の細胞が退化し始めます。なので、日本人がよく聞き取るのに苦労する「v」と「b」の違いや「th」と「s」の違いが、1歳頃を境に次第に聞き取りにくくなってくるのです。
【あご】
そしてその「v」「b」「th」「s」などを上手に聞き取り発話することのできるあごができ上がるのが3歳頃と言われています。つまりそれまでに英語に触れることで、困難といわれる上記の言葉も上手に発話ができるようになるのです。
「英語と日本語が混ざってしまうと困る」
英語と日本語が混ざり、混乱してしまうことはあるのでしょうか?
実はあります。
それは英語と日本語を混ぜた状態で会話をする場合です。
英語におうちで触れさせようとすると、「apple」と言ってほしくてリンゴを指しながら「これは何?英語で言ってごらん?」と聞いてしまうことがあるかもしれません。こうなってくるとお子さんは混乱してしまいます。英語で言ってもらいたい場合は「What's this?」と聞いてあげましょう。これが【シチュエーションづくり】です。アミティーのレッスンはオールイングリッシュです。完全に英語の空間、時間を作ってあげることでお子さんが英語と日本語を上手に切り替え、そして英語と日本語を自然に学んでいくことができるのです。
このような多くの能力を持っている幼児期。
習い事をお探しの皆様、ぜひ幼児期にしかないメリットを活かし、アミティーで英語学習を始めてみませんか☆