草津校Kusatsu

アミティー広場

アミティーからのお知らせを掲載しています。

お車でお越しの皆様へ 駐車場につきまして

先日、アミティー裏に駐車しているお車に対して警察より指導が入りました。次回停めている場合は駐車違反として ステッカーを貼られてしまう場合もございますのでご注意ください。

混み合う時間帯にお越しの皆様には、ご迷惑をお掛けし大変申し訳ございません。
平日16時台、土曜日の午前中は特に混み合いますので、レッスン終了後は速やかにご移動頂きますように、ご協力の程宜しくお願い致します。

駐車スペースは入口付近を含めまして8台、第二駐車場もございます。

《第二駐車場のご案内》
住所:野村2丁目12
A8,A9,A10がアミティーの駐車スペースです。

 

☆アミティーではbabyレッスンが大人気!!☆

アミティーでは、生後6ヶ月の赤ちゃんからレッスンを受講する事ができます。「そんな早くからどんなことをするの!?」「まだ意味もわかっていないのに、効果はあるの!?」と多くの質問を皆様より頂いております。今回はそんな疑問を解消すべく、赤ちゃんの耳の発達についてみていきたいと思います。 ①生後間もない赤ちゃんも、聞く力は大人並み 誕生して間もない赤ちゃん、実は視力は0.02程で、まだ光を感じる程度です。それに比べて聴力はすでに大人と同レベルの力を持っており、特にお腹の中でも聞いていたママの声が大好き。マザリーズと呼ばれる高い音程で抑揚を強調した話し方をするとより赤ちゃんも反応します。言葉の細かな意味までは理解していないものの、声の抑揚やトーンで感情を読み取り、理解しようとしています。 ②単語を聞き取り始める生後6ヶ月 言語を習得するためには、単語の習得が欠かせません。それが始まるのが生後6か月頃。よく耳にする単語と視覚情報とが結びつき、記憶となります。 ③赤ちゃんは言語の天才! 人は誰でもどんな言語でも習得できる力を持って生まれてきます。大人になってからだと難しいrとlの音の違いも難なく聞き分けられます。ただしこの聞き取りの能力、DVDやCDでは効果がないという実験報告がアメリカで出ています。やはり一方通行でなく、対面で相手の反応を見る事が、コミュニケーションの第一歩ですね! いくつになっても、言語の習得は日頃の積み重ねが大事です。中でもベビー~幼児年齢はことばの黄金期!残念ながら大人が失ってしまった柔軟性を駆使して、自然に身に付ける事ができます。だからこそ、アミティーのレッスンでは子ども達の大好きな歌やリズムをたくさん組み込み、楽しく習得できるよう工夫しています。きっと将来、その聞き取りの力に驚くはずです。 まずは一度、アミティーのレッスンを体験してみませんか? お問い合わせはこちら! ⇒アミティー草津校 077-566-6991

 

アミティー草津校 指定避難場所

こちらが非難場所周辺の地図です☆

災害発生時のアミティー草津校の避難場所は、以下のようになります。
●避難場所 「滋賀県立草津高等学校」
保護者の方々も、ご確認を宜しくお願い致します。
また緊急災害の際、学校の固定電話(077-566-6991)か、スクールメールamity-2511r@amity.co.jpへのご連絡が不通になった際や緊急避難時には、携帯電話(080-4889-1620)にご連絡下さい。こちらかも緊急の際は携帯電話からご連絡差し上げます。緊急時にはアミティー草津校HPのスクールニュースにも情報を掲載いたしますのであわせてご確認を宜しくお願い致します。
*緊急時以外は、携帯電話へのご連絡はご遠慮下さい。