藤が丘校Fujigaoka

アミティー生紹介

アミティーで頑張っているお友達を紹介しています。

藤が丘校の生徒紹介

並行受講の成果 ②
受講
コース
  • 邦人教師レギュラーレッスン
  • インタラクティブコース

小学校2年生 Yちゃん(アミティー歴5年)

Yちゃんの英語学習は2才の時から始まります。お母さんと一緒に英語を楽しむマミー&ミー外国人教師クラスからのスタートでした。知育教育にもご興味のあるお母さんはアミティーの教材を気に入って下さり、お家でも予習・復習をしっかりと行いYちゃんは色、動物や数字の英語をどんどん吸収してくれました。年少に上がる時にせっかくなら英語に触れる時間を増やしたいと言うお母さんの希望もあり邦人教師のレギュラークラスを1か月間追加してみる事にしました。しかし幼稚園児になり環境が大きく変わったうえにお母さんの出産も重なり、Yちゃんの気持ちも乗らずに週2で継続する事が残念ながらできませんでした。

年中になりパソコンのレッスンなら・・と渋々会話レッスンとインタラクティブレッスンの週2コースをスタートしました。初めは嫌がったもののゲーム感覚で進めるのがYちゃんに合っていたようですぐに週2レッスンに来るのも楽しくなったようです。さらに会話クラスと並行する事で単語量が増え、英語で分かる事も多くなりました。インタラクティブコースではフォニックス(アルファベットと音の学習)を覚えることが出来るので英語で書かれた単語や文章にも興味を持ち、ABCを書く練習をする家庭学習ドリルも1人で進める事が出来るようになりました。

年中で聞く・話す・読む・書く技能の基礎を学んだYちゃんですが、年長の後半でスランプに陥ってしまいます。外国人教師のレッスンがわからない!英語がわからない!とモチベーションが下がってしまいました。少し前からアミティーに来る事がおっくうになっていたYちゃんの事を気にしていたお母さんから相談があり様子を見てみると、知ってる単語も多く発話もできるからこそ分からないと思った所を曖昧にしたままレッスンが進んでいく事を苦痛に感じていたようでした。そこで小学1年生になるのを機に外国人の会話レッスンを邦人教師の会話レッスンに切り替えて受講して、プラクティカル(実践英語)より英語の基礎への理解を深めていく事にしました。

現在小学校2年生のYちゃんは今年度も邦人教師のレギュラーコースとインタラクティブコースを受講しています。まだ理解が曖昧な事あり、英語で文章を書く事も時間がかかりますが以前より分かる事が多くなった分、レッスン中は大きな声で自信いっぱいに発話が出来るようになりました。先日アミティーの掲示板に貼ってある英語のポスターを読み、それを日本語に訳して教えてくれたときは本当に驚きました!今年は英検に挑戦したい。と胸を張って言うYちゃんがとても頼もしく見えました。

”子供たちの年齢や環境の変化、またモチベーションに合わせてレッスンを組み合わせる事が出来るのがアミティーです”と私自身皆さんにお話しをする機会が多いのですがYちゃんの成長を見ていると、生徒の皆さんに案内ができる選択肢の多さが他とは比べられないアミティーの強みであると感じます。生徒に合わせてレッスンを案内しその事で成果が出るという当たり前ですがでも、一人ひとりの生徒の成長を考えてベストな提案が出来るそんな教師でありたいと思います。
並行受講の成果 ①
受講
コース
  • 邦人プライベート小6文法コース
  • 外国人プラクティカルコース
  • インタラクティブコース

小学校6年生 T君(アミティー歴9年)

今年アミティー9年目になるT君。年少になるタイミングでアミティーにやってきました。”英語は絶対必要”というご家族の信念のもとまずは邦人教師担当のレギュラーコースでスタートしました。初めは眠くて泣いてしまいマネージャーが抱っこをしてレッスンすることもありました。しかし、徐々に英語の環境にも慣れ次の年には外国人教師(プラクティカルコース)を追加、その後インタラクティブコースにも挑戦し小学生になる前から週3レッスンを小学6年生になる今日まで受講しています。リスニング力はもちろん、臆せず自分の知っている単語を使って外国人の先生とコミュニケーションを取る事が出来、苦手だった読む事にも前向きに取り組むことが出来るようになりました。

小学校3年生で英検5級に合格、英検JRでも優秀な成績を収め、英検4級は何度か不合格を経験しながらも着実に力を付け小学校5年生で合格をしました。今年度は中学での英語学習を視野に入れ、レギュラーコースを小6文法クラスプライベートレッスンに切り替え中学英語の準備をしています。

この9年間の学習でうまくいかない事もモチベーションが下がってしまった事もありました。先生から怒られながら宿題をこなした事もありました。しかし、ご本人の”英語が好き”という気持ちは今も変わらず小学校での英語の授業では自信満々に取り組めているようです。”小学校の先生からも褒められた”と嬉しそうにお話してくれました。

T君がここまで英語が好きで続けて来れたのは、毎週通わせてくださっているお母さんの努力もあったからだと思います。長く続けることはそれだけで困難です。しかし、お母さんは"本人が好きなら、やりたいなら"とサポートをして下さいました。今ではお母さんもT君に負けたくない!とレッスンを受講しています。スタッフを信頼し小学校でのT君の様子やご家庭での様子を伝えて下さり、その上でアミティーでは何をするべきか、何が出来るかと私たちからの提案も聞き入れて下さった事もT君の成長につながっていると感じます。

これからは英語が絶対必要になる時代。今は見えなくても、小さい頃から培った英語力が今後T君の最大の武器になるようこれからも応援していきたいと思います。