アミティー生 TOEIC Bridge®Test成績優秀者発表

TOEIC Bridge®Test IPテストで優秀な成績を修めたお子様のVOICEをお届けします。

TOEIC®L&R・TOEIC Bridge®Testは、それぞれTOEIC®・TOEIC Bridge®と表示しています。

TOEICテストへの架け橋として、初級・中級の英語学習者向けに開発されたテストです。
Listening(聞く)・Reading(読む)の英語力を測定し、20点~180点の2点刻みのスコアで評価されます。

TOEIC Bridge®IPテスト成績/アミティー生 ハイスコア中学1年生 178点(スコアの満点は180点)/アミティー生 平均スコア123.8点(一般平均スコア116.6点)
TOEIC Bridge®IPテスト成績/アミティー生 ハイスコア中学1年生 176点(スコアの満点は180点)/アミティー生 平均スコア123.8点(一般平均スコア119.5点)

※TOEIC Bridge®IPテストの全国平均スコアは2015年度のものです。

TOEIC Bridge®IPテスト 成績優秀者Voice

2017年度 9月 TOEIC Bridge®IPテスト 成績優秀者発表

9月に実施したTOEIC Bridge IPテストでは、174点の最高スコアをマークした中学1年生をはじめ、80名以上の方が次回よりTOEICへ移行となる153点以上を獲得しました。今回、当校の平均スコアは中学生114.0点、高校生133.2点を記録し、前年同期よりも確実な英語力アップが果たされています。
今回のTOEIC Bridgeで特に優秀な成績を収めた生徒さんを発表いたします。

2017年度 9月 TOEIC Bridge®IPテスト 成績優秀者 Voice

TOEIC Bridge® 174点!

藤が丘校
長濱 由萌(ながはま ゆほ)さん(中1)
コメント

私は語彙が苦手で、覚えるべき単語の多さにとても苦しめられました。ですので、たくさん単語を覚え、その単語を使って文章を作ったり、インタラクティブのクラスに積極的に参加したりしました。今回のテストは、前半の問題に時間をかけすぎてしまい、最後の問題や見直しに取り組む時間が少なかったのでとても不安でしたが、一生懸命に取り組んだ初めの部分の成績が助けてくれました。全国でもトップの成績だったと聞いた時はとても嬉しかったです。次はTOEICを受けていくつもりなので頑張りたいと思います。

(長濱由萌さんご本人)

TOEIC Bridge® 172点!

高岡校
上野 脩平(うえの しゅうへい)くん(中1)
コメント

I started studying hard for EIKEN pre 1 from this summer. I believe my effort was rewarded. To be successful on the test, I am working on difficult words and long sentences that you don’t use normally, such as science, social problems and other heavy thoughts. They are very hard and sometimes I want to give up. Though I think my endeavors didn’t betray me because of my TOEIC Bridge results. I want to keep reaching for the goal, with my teacher Kato.

(上野脩平くんご本人)

TOEIC Bridge® 172点!

松江校
山本 楓華(やまもと ふうか)さん(高1)
コメント

今回の結果には、自分でも正直驚いています。前回と比べても大幅に点数を上げることが出来、とても嬉しいです。140点台を長くキープしていた時期があり、結果が思うように出ない時期もありましたが、粘り強く学習を続けたことが今回の結果につながったと思います。特に今回、アミティーで夏休みを利用して対策レッスンを受講し、その結果がこの点数に即結びついたことが本当に嬉しかったです。次回からは、いよいよTOEICに挑戦です。日頃からしっかり勉強をし、目標を持って取り組みたいと思います。

(山本楓華さんご本人)

TOEIC Bridge® 170点!

福井校
津田 朋佳(つだ ともか)さん(高2)
コメント

私はアミティーで4歳から英語を習っており、中学1年から始めた外国人の先生との英会話や、高校1年から始めたインタラクティブなどがリスニングの力に繋がったのではないかと思います。比較的速いスピードの会話が聞き取りやすくなりました。またリーディングの勉強では、主に英単語帳を何度も開いて沢山の英単語を繰り返し覚えました。そして、日常生活でカタカナになっている英語を調べたり、ひとつの単語をその派生語と一緒に覚えたりすることを意識してきました。そうした学習の積み重ねが、今回の結果に結びついたと思います。

(津田朋佳さんご本人)