教師紹介・メッセージ

お子様の英語力を責任を持って向上させる、アミティーの教師をご紹介。

各校の英会話教師紹介

いわき校
ティーチングスタッフ
遠藤 里奈
2005年入社

子供たちの将来の夢のサポートという仕事にやりがいを感じています。

「子供が好き」「英語を活かせる仕事がしたい」という私の夢を叶えることが出来たのがアミティーです。入社して9年になりますが、毎日が同じということがなく、「この生徒にはどうしたら効果的なレッスンが提供できるだろう」と試行錯誤し、「この生徒はこんなことまで出来るようになった!」といった発見があり、必ず様々な楽しみがあります。子供たちと接していると心から笑顔になります。そんな子供たちから「宇宙飛行士になりたい」「海外留学がしたい」といった将来の夢を聞くと、改めてこの仕事の責任とやりがいを感じ、これまで続けてこれたのだと思います。またこれからもより多くの生徒に英語を身につけることで将来の選択肢が広がるのだということを知ってもらえるよう、子供たちとそして保護者の方達と関わっていきたいと思います。

一宮校
ティーチングスタッフ
加藤 麻衣
2007年入社

目標を達成した時の子供達の笑顔は何よりの宝物です。

この7年間で子ども達が各々一生懸命レッスンに取り組む姿や成長を間近で見てきました。ベビーの生徒さんが初めて英語を発話した時、2~3歳の生徒さんがNo worries, No way, It’s my turn.など日常表現を自然に発話できた時、小学校低学年の生徒さんが先週言えなかった単語を、翌週自信を持って発話できるようになった時、日々、子ども達の成長に喜びを感じ、その可能性に驚いています。このような経験をすることができ、教師としてやりがいを感じています。「英語が大好き!」「毎週アミティーに来るのが楽しみ!」そんな言葉を聞くと、教師として本当に良かったと思います。今後は楽しいレッスンを提供することはもちろん、活きた英語を身に付けることができるレッスンを心掛け、生徒さん達と共に成長していきたいです。

広島大芝校
アソシエイト
ティーチングスタッフ
北村 美子
1999年入社

お子様たちの成長に携われる教師としての仕事は、 喜びとやりがいにあふれています。

アミティーに入社以来、多くのお子様たちのご成長に、レッスンを通して関わらせていただいてきました。「無限の可能性を持つ子供たちがどんどん伸びていく大事な時期に、その可能性を少しでも広げることができるようにお手伝いしたい。」「子供たちが異文化に触れる、その最初に扉を開くきっかけになることができれば。」その願いと想いを持って、日々のレッスンを行っています。初めて”Open”や”Happy”などの言葉ができた瞬間をお母様とシェアできる。文章で発話できた!単語が読めた!と、笑顔いっぱいの生徒と喜ぶ。教師として、やりがいと大きな喜びを感じる瞬間です。一つ一つのステップを踏みながら、どんどん力を伸ばしていく子供たちの、「英語大好き♪英語って楽しい♪」という気持ちを大切にしながら、これからもしっかりとサポートしていきたいと思います。

前橋校
ティーチングスタッフ
小林 理恵
2007年入社

生徒の英語が上手になっていく姿を見られることが、 何よりも嬉しいです。

アミティーに入社して以来、英語を初めて習い始めた生徒が英語でのレッスンを楽しんで受けるようになり、自分から英語が出てくるようになり、英語が読めるようになって英検などの資格試験に挑戦するようになっていく姿を見てきました。今でも、生徒の保護者様と当時のことを振り返り、懐かしく思います。子供たちの成長と英語の上達を実感できること、またその為のお手伝いができることを本当に嬉しく思います。
アミティーでは、小さい頃から長く通っている生徒が多いです。習い事や部活が忙しい中で、この“1つのことを長く続ける”ということが、生徒にとっての自信となる日がくるでしょう。小さい頃から続けてきた英語を活かす為に、留学したりボランティアをしたりする日が来るかもしれません。是非、積極的に英語を使うきっかけを見つけて欲しいと思います。
アミティーでのレッスンで英語を更に好きになってもらえるように、今後も生徒のサポートをしていき、生徒にとっての頼れる教師になりたいと思います。

川越校
インタラクティブ
アソシエイト
ティーチングスタッフ
古川 絵莉香
2010年入社

アミティーでしか提供できないインタラクティブの教師として 「出来る生徒」を輩出していくのが私の仕事です。

入社して5年間、インタラクティブコースを担当しています。インタラクティブコースの教師は、学校内の邦人、外国人教師、マネージャーとのコミュニケーションや連携がとても重要となります。会話、文法クラスで補えない部分を、インタラクティブコースで個々の生徒様に合わせたレッスンを提供し、力をつけてもらえるよう、日々他のスタッフと協力し合いながら奮闘しています。教師としてのやりがいを感じるのは、授業参観で保護者の方から「私でもわからないような難しい英語を子供が理解している姿を見て成長を感じます」と嬉しいコメントを頂いたり、資格試験でリスニングのスコアが目に見えてアップした時です。今後の目標は、アミティーでしか提供していないインタラクティブコースを、一人でも多くの生徒さんにご受講いただき、力をつけてもらうことと、このコースの良さを伝えられる先生方を教務委員としてフォローしていくことです。

岡山校
インタラクティブ
ティーチングスタッフ
山内 佳奈
2013年入社

笑顔があふれ、発見・吸収・成長を繰り返す子どもたちと共に学び続けられる毎日に、感動とやりがいがあります。

学びの中に、喜びや楽しみを盛り込まれたアミティーのレッスンに感動して入社し、1年半が経ちました。子どもたちは、毎回のレッスンを楽しみにしてくれています。好奇心旺盛で、様々なところにアンテナを張っています。驚くほど吸収が早く、そのすばらしい成長に驚かされます。一方で、教師の発する発音もそのままに取り込んでいくので、教育にかかわる責任を感じると同時に、工夫したり、一人一人にあったアプローチでレッスンをすることでよりいっそう成果として現れるので、毎回のレッスンで、ひとつでも多くのことを覚えてもらえるよう試行錯誤する毎日に楽しみを感じています。子どもたちはわかること・できることを積み重ねて、成長し続けています。目標を達成し、成果を得て見せてくれる喜びの笑顔は、教師として最も幸せな瞬間です。毎日違った発見があり、成長があり、笑顔あふれる子どもたちと共に、私自身も教師として飛躍していきたいと思います。

長岡校
Testimonial Alice Carcilli

Teaching at Amity has been a very rewarding and challenging experience. It has greatly expanded my worldview and helped me understand Japanese work culture – and how different it is from what I have grown accustomed to in the U.S.
The greatest challenge I faced after beginning at Amity was communicating with my students` parents. Aside from the language barrier, the cultural barrier made the simplest exchanges feel forced and awkward. With the help of my manager, I learned what behavior was expected of me in my daily interactions and in time felt very comfortable greeting my parents and providing lesson explanations.
At Amity, you can expect a very rigorous work schedule. Your busy schedule will help you get over the learning curve quickly as you learn how to balance teaching, lesson planning, and administrative tasks. With a little time, and a lot of effort, you will be teaching children of all different ages and learning abilities how to speak a new language. As you watch your students` skills develop with your assistance, you will feel even more motivated to create lessons that they will enjoy and benefit from. The relationships you build with your students and their families become an important and meaningful aspect of your life in Japan.
With the assistance of your trainers and the Japanese staff at your school, you will always feel supported. Continued improvement is always encouraged and expected. You will regularly collaborate with your co-workers to plan and deliver high-quality lessons to your students. Your efforts to become as effective a teacher as possible will continue throughout your time at Amity in the form of practice lessons and continued training.
If you are very hard-working and feel passionate about teaching, you will undoubtedly have a positive and fulfilling experience at Amity.

宇都宮校
Testimonial Eddy Shen

Two years ago, I was struggling to process and get a hold of all the things that were put on my plate – beginning my first professional job working at a Japanese company, trying to remember information from training, learning the ins and outs of school, getting to know students, and so on. It was certainly challenging and there were many rough patches. But having the privilege to meet and work alongside many friendly, helpful, and professional staff members, I was able to settle down and find my place.
Although difficult at times, no challenge is without its rewards and working at Amity has been a rewarding experience on many levels. In working here, I am always learning new things and developing not only my teaching skills but other skills as well. I’ve learned to be flexible, to deal with unexpected situations, to solve problems, and more.
For me, Amity is more than just simply teaching English. It’s about cultivating relationships between teachers and students. To see these Japanese children speaking English; learning, making connections, understanding, and ultimately, being able to express themselves in another language is amazing. When they are excited about their own accomplishments, you will be as well because you were there with them every step of the way. You helped them build their strengths and overcome their weaknesses. They looked to you for help and you gave them guidance. That is the greatest reward working at Amity. There is nothing more satisfying than greeting students’ smiling faces every week, knowing that you are making a difference in their lives.

高岡校
Testimonial Zachary Rosenbloom

My experience in Japan would be very different if I were I teaching with a company other than Amity. Members of the Amity training staff greeted me with a smile and made me feel immediately welcomed almost as soon as I stepped off the plane. The trainers worked hard during training to not only prepare my group as new teachers but to also foster a sense of community among us, and this community really helped me feel comfortable in a foreign country.
I would describe the job at Amity as equal parts teaching and community building. As a Native English Teacher, I teach entirely in English. Complete immersion in a foreign language can be intimidating for a first-time English learner, so I wish to instill the same sense of community among my students that the trainers showed my group during our first week. I want my all of my students to feel comfortable speaking English at Amity. This classroom community has taught my students to push through their fears and excel at English, and there’s really nothing better than watching them grow along the way. From baby students saying their first words to High School students mastering grammar for their University entrance tests, each Amity student has a success story to tell. Amity’s motto is “Let’s learn English together,” and through building a classroom community we are able to do just that.