岡山校Okayama

アミティー広場

アミティーからのお知らせを掲載しています。

BABYクラスの流れ♪

♪ウォームアップ
レッスンの始まりは、まず”Hello Song”や英語のあいさつから。「これから英語の世界に触れる」というお子様とお母様の気分を高めます。

♪親子体操
歌やリズムに合わせた親子体操や手遊びなどで、体を動かしながら、身近な動作を表すことばをインプットしていきます。

♪ベビーマッサージ
親子ペアで赤ちゃんにマッサージをします。リラックスムードで英語学習をスタートできます。

♪ベビーサイン
まだ言葉を発話することができないベビー期のお子様が自分の意思を伝えるための簡単"手話"です。
食べ物や動作の手話をマスターしよう!

♪歌
お母様もごいっしょにLet’s sing together! マザーグースなどのやさしいメロディーを楽しみながら、英語の音やリズムに馴染みます。親子の遊戯身近なおもちゃやぬいぐるみ、知育玩具などを使った親子の遊びを通じて、ことばを学習してゆきます。

♪絵本とアクティビティー
立体絵本を通じて、五感に働きかけながら、日常でよく使う英会話表現を学習してゆきます。

♪レインボーマジック
簡単な工作で作れる塗り絵です。まだ上手に塗れませんが、手先を動かして脳に刺激を与えます。

♪ファンステッカー
繰り返し使えるステッカーで今日のレッスンのおさらいをします。お家でも使えます。

”Good-bye Song”を歌ってレッスンはおしまいです。

★4月のメインカード★

4/2~4/7      answer, ask, bring

4/10~4/14 buy, call

4/17~4/21 carry, catch, clean

4/24~4/28 climb, close

小学6年生まで繰り返し学習します。動詞をしっかり覚え、発話にも活かしていきましょう!

 

 

BABYからの英語学習について

☆3歳までに始める英語がなぜ良いのか☆
「うちの子はまだ日本語も出ていない・・」「英語と日本語が混ざって混乱するのでは?」小さなころから英語学習を始めようと思っているお母さまからよくこういったご相談を受けます。では実際どうなのか?もう少し読み進めてみてください。お母さまのご不安を少しでも取り除けるかと思います。
「うちの子はまだ日本語も出ていない、始めるのには早すぎる」
アミティーでは6か月のお子さんから英語学習をスタートして頂けます。6か月というのにはそれなりの理由があるのです。赤ちゃんが言葉を聞き分ける「耳」が出来上がるのが1歳頃、言葉を発する「あご」が出来上がるのが3歳頃までになります。
【耳】
英語と日本語は実は周波数が異なります。日本語は比較的平坦な言葉で、言ってみればしゃべっていると声のトーンの山や谷が英語よりも格段に少ないのです。生まれたばかりの赤ちゃんは実は聞こえる音の周波数に際限がありません。しかし1歳頃から音が聞こえる耳の細胞が退化し始めます。なので、日本人がよく聞き取るのに苦労する「v」と「b」の違いや「th」と「s」の違いが、1歳頃を境に次第に聞き取りにくくなってくるのです。
【あご】
そしてその「v」「b」「th」「s」などを上手に聞き取り発話することのできるあごができ上がるのが3歳頃と言われています。つまりそれまでに英語に触れることで、困難といわれる上記の言葉も上手に発話ができるようになるのです。
「英語と日本語が混ざってしまうと困る」
英語と日本語が混ざり、混乱してしまうことはあるのでしょうか?
実はあります。
それは英語と日本語を混ぜた状態で会話をする場合です。
英語におうちで触れさせようとすると、「apple」と言ってほしくてリンゴを指しながら「これは何?英語で言ってごらん?」と聞いてしまうことがあるかもしれません。こうなってくるとお子さんは混乱してしまいます。英語で言ってもらいたい場合は「What's this?」と聞いてあげましょう。これが【シチュエーションづくり】です。アミティーのレッスンはオールイングリッシュです。完全に英語の空間、時間を作ってあげることでお子さんが英語と日本語を上手に切り替え、そして英語と日本語を自然に学んでいくことができるのです。
また、幼児のうちに英語を学ぶ事でコミュニケーション能力の発達を作りだすだけではなく、私達が話している日本語(母国語)を表現する能力も発達すると言われています。
このような多くの能力を持っている幼児期。
習い事をお探しの皆様、ぜひ幼児期にしかないメリットを活かし、アミティーで英語学習を始めてみませんか☆

【TOEIC Bridgeとは】

アミティーでは、毎年2回全中高生を対象にTOEIC Bridgeの試験を実施しております。TOEIC BridgeとはTOEICの形式はそのままに、試験時間・問題数がTOEICの半分で、出題される語彙は学生向けにデザインされています。TOEIC同様、より実践的な英語力の問われる試験です。この試験で85%以上の成績を修められると、TOEICに十分通用する英語力があると判断され、TOEICに挑戦して頂くようになります!

【児童Jr.とは】

答えと思う選択肢に〇をつける形式です!

アミティーでは毎年1回、全小学生を対象に英検Jr.の試験を実施しています。英検Jr.は、全てリスニングテストで構成されており、フルカラーのイラストでお子様でも楽しく取り組めるテストです。学年ごとにBronze・Silver・Goldと3つのグレードがあり、試験後には詳しい分析結果が届きます。この試験には合否はなく、日頃の英語学習の一つの成果として見て頂くことができます。ただ、各グレードで100%の成績を修められると、協会より特別な表彰状が届きますので、100%を目指して頑張りましょう!