鳥取校

アミティー生徒紹介

アミティーで頑張っているお友達を紹介しています。

鳥取校の生徒紹介

  • 松本 一花ちゃん(年少)

    夏セミナーも受講中の一花ちゃん。可愛い王冠を作っています!

    • 外国人会話グループ
    Amity Original Song Star Student!
    This is Ichika Matsumoto, a P2 level student here at Amity Tottori.
    Ichika loves singing the Amity songs, and often listens to her CD in the car.
    Now, she knows most of the words to the songs in each unit, and can sing them in a big voice in class!
    Singing songs is a great way to learn vocabulary and develop fluency, so let's all practice singing the songs at home!
    Great job Ichika!

    アミティー年少クラスの松本一花ちゃんです。
    一花ちゃんは、アミティーのレッスンで歌う歌が大好きで、車の中でCDを聴いてくれています。
    その成果で、一花ちゃんは毎回レッスンで歌う歌のほとんどの歌詞を覚えていて、レッスン中、大きな声で自信を持って歌ってくれています!
    歌を歌うことは、語彙を学習する上でも、流暢さを身につける上でもとても良い方法なので、皆さんもCDを聴いて、歌の練習をしてみてください!
    一花ちゃん、これからも頑張ろうね!

    (担当のKieran先生より)
  • 庄司希帆ちゃん

    コスチュームが似合ってるね!

    • 外国人会話プライベート
    Princess Summer Seminar with Kiho!
    Today we have Kiho Shoji  here showing off her princess attire. She is looking very regal.
    Kiho is 2 years old and she enjoys singing songs in English.
    She has been taking summer seminars learing what its like to be a princess.
    She learned how to say "I am a princess." and " I have a crown."
    Kiho really like Disney Princesses, so has been enjoying the seminars very much.
    Keep up the enthusiasm learning English Kiho!

    庄司希帆ちゃんを紹介します!
    プリンセスセミナーで作ったコスチュームを身につけて、本当のプリンセスみたいです!
    希帆ちゃんは2歳で、英語で歌を歌うのが大好き。
    この夏は、プリンセスセミナーを受けておられます。
    “I'm a princess./私はプリンセスです”や、I have a crown./王冠を持っています”という表現を学習しました。
    希帆ちゃんはディズニープリンセスが大好きなので、今回のセミナーをとっても楽しんでおられます。
    希帆ちゃん、このまま、英語のレッスンを頑張ろうね!

    (担当のVincent先生より)
  • 水瀧律くん(10か月)

    山田先生、マイケル先生の姿を見るとニコニコになります!

    • 邦人会話グループ/外国人会話グループ (デュアルコース)
    アミティー鳥取校で一番小さな生徒さんです☆
    This is Baby Oto!
    Baby Oto started learning English here at Amity when he was 6 months.
    Baby Oto smiles a lot when we sing songs in English and he also loves to complete different activities in class.
    Now, Baby Oto has began to make some of his first English word sounds and we are excited what other words he will say in the future.
    Baby Oto, let's keep that cheerful and eager spirit in learning English. Yamada Sensei and I are always looking forward in teaching you every week!

    - Michael Sensei


    少しずつ、レッスン環境や先生たちに慣れてきて、何かを語りかけるとニコっと笑顔になる事が増えてきました。レッスン中にお母様と先生が歌を歌い始めると、よーく耳を澄まして聞いてくれます。音楽に合わせて体をゆらゆら揺らしながら一緒に歌う時間も、律くんにとってはとても大好きな時間のように思います。
    今は英語のシャワーをたくさん浴びて、聞く力を養うとても良い時期ですので、引き続き、歌や会話表現をたくさん語りかけていきたいと思います。

    また、ベビーエクササイズのパートでは“Let’s tickle Oto!”と言いながら、律くんをくすぐると、とても喜んでくれます。

    英語の単語をリズムに合わせて楽しく聞きながら英語を覚えてくれている律くんの、今後の成長を楽しみにしています。

    - Chiaki 先生
  • 橋本 樹くん (1歳10ヶ月)

    ボールで「Here you are!」の練習をしています!

    • レギュラーコース (グループ)
    お友達と仲良くレッスンを受けてくれてます!
    4月からアミティーで英語のレッスンを受けてくれている橋本樹くんです!
    いつもニコニコ笑顔で、先生全員が癒されています。
    レッスンが始まる前にいつも、ボールで遊んでいて、私が、「throw!」と言うのに合わせて、上手にボールを投げてくれます。
    アンパンマンの教具を使ってフィーリングの練習する時に、「アンパンマン!」と嬉しそうに言いながらジェスチャーをする事が出来ます。
    また、blueなどの色や、bananaなどのフルーツもすこしずつ言えるようになっています。
    フルーツの中では、バナナが一番好きで、バナナの教具を見せると、一番乗りで、腕を出して“Give it to me, please!”のジェスチャーをしてくれます。
    これからも、この調子で楽しくレッスンをしていきましょう!

    (担当の前田先生)

  • 石谷賢継くん(年中)

    可愛い笑顔に先生たちも元気をもらっています

    • レギュラーコース(グループ)
    スツールに座ってレッスンを頑張っています!
    二歳からアミティーで英語のレッスンを受けてくれている石谷賢継くんです!
    いつも元気いっぱいのニコニコ笑顔で、"Hello!"と言ってアミティーに来てくれます。
    英語で色や数字を言うのが得意で、とても記憶力が良く、一度学習した単語はすぐに覚えることが出来ます。
    四月から年中さんになり、スツールに座ってレッスンをするので、今から練習をしています。
    きちんとルールを守り、前より、お行儀良くレッスンを頑張ってくれています。
    これからもお友達と仲良く楽しく英語のレッスンを頑張りましょうね!

    (担当の前田先生)

インタビュー

  • 衣笠心優ちゃん(小4)、衣笠結貴くん(小1)

    お互いに刺激を与え合ってくれています

    • 二人とも:外国人会話プライベート、インタラクティブコースセミナー
    • 心優ちゃん:英検対策プライベート
    ドリル学習を二人で毎週続けています!
    Qいつ頃からドリル学習を始められましたか?
    A二人とも小学校入学前から始めたと思います。始めた頃も今も、購入前に本人たちにやるかどうかを決めてもらって、「買うからには責任を持って取り組む」と約束しています。
    Qどんな風に生活の中に取り入れておられますか?
    A始めた頃は二人ともまだ日本語も読めない時期だったので、ドリルをするときは親が一緒に横に座って行っていました。机に向かって取り組む習慣は、このときに多少ついたと思います。小学校に入ってからは、日本語も英語も、文字をたくさん書くことにまだ慣れていなかったので、取り組み始めるまでに時間がかかりました。
    Qどんな風にして習慣づいたと感じますか?
    Aアミティーの先生と、次のレッスンまでに行うページ数を決めて、目標を立てています。スポーツクラブの活動のない日に、学校の宿題が終わってから毎日1~2ページする、と子供たちが決めてやっています。今は親がいなくても自分たちだけで取り組んでいて、分からないところは残して、後で一緒にやっています。自分たちだけでやっているのを見ると、習慣化したな、と感じます。
    Q二人がそれぞれ一緒にやっていますか?保護者の方は側にいますか。
    A心優は小2までは親が一緒にやっていましたが、今は1人でやっています。親が仕事から帰ってきてから、内容の確認をしています。結貴はまだ文章を読む部分は親の助けが必要ですが、アルファベットや単語のライティングは1人でですることもあります。
    Qまだライティングが上手にできない幼児の頃、内容が難しいと感じたとき、どんな風に手伝ってあげておられましたか?
    A親が蛍光ペンで書いた上をなぞっていました。幼児にとっては、4線に高さを合わせて書くというのはなかなか難しかったです。
    Q小学生ドリルを購入できる年齢になるまでは、どんな風にドリルを選んでいましたか?
    Aそのときの子供たちの能力と、伸ばしたい力をマネージャーと相談して、取り組むドリルを決めていました。幼児の頃は、あまりよく分からずやっていた頃もあったので、そのときは復習として何度か同じドリルに取り組みました。
    Qドリル学習を続けてきて良かったことは何ですか?
    A二人の共通でよかったことは、フォニックスの力がついたことです。なんとなく知らない単語でも読めるようになりました。それから、心優は読むことが楽しくなった時期がありました。そして心優は、文のライティングも繰り返しているので、知らず知らずのうちに文法も理解しています。また単語の綴りも、親よりも心優の方が覚えていて、やられた~!と驚くこともしばしばです。なので、親はこっそりスマホで調べて確認してます。結貴は、プラクティカルコースで習わない単語が出てくるので、語彙力が上がったと思います。意外に読める単語がたくさんあってびっくりしています。
    Q気が進まないときはありますか?(ありましたか?)
    A文章や単語を繰り返し書くページをするときです。心優は今となってはありませんが、結貴はなかなか取り組まないですし、すぐに「疲れた」「わからん」と休憩したがります。心優は、小学低学年の頃、単語と単語の間を空けることがかなかな覚えられず、指摘するとイライラしていました。そういうときは、できたときに褒めて、モチベーションを上げています。
    Q家庭学習を続けるコツは何ですか?
    A次のレッスンまでにする目標ページに付箋を貼って、目標ページを分かりやすくしました。心優は、ドリルをいつするか、予定を親と一緒に相談しながら、心優用のカレンダーに書き込み、終わったらチェックする、ということをしばらくしていたこともありました。