徳山校

アミティー広場

子供英語・英会話教室の専門校としての長年の経験から生まれたアミティーの英語教育に対する考えとそのシステムには、
0歳児から高校生までの子供たちに正しい英語を高いレベルで修得していただきたいという想いが集約されています。

これからの受験英語はどうなる?!

1/16(土)実施~大学入試共通テスト2021~

リスニングの比重が大幅にアップ!
30分で37問。
意外に少ないと思われるかもしれませんが、問題は「聞こえてくるだけ」の英語量。

紙面に掲載された問題文はシンプル。但し、大量に流れてくる話者の英語を「真に解釈」しなければ、回答できません。
☆出題された問題の一例☆

幸福度が高いデンマークのHyggeという考え方について講義を聞き、まとめの「ワークシート」を完成させる。
※穴埋めは4択と6択。選択肢は2回以上使っても構わない。

上記の問題では、90秒で約280語、つまり10秒間で約30語=英検準1級と同等のスピードを聞き、理解し、問題を解くことが必要。
⇒大量の英語+解答時間が短い=脳内で日本語に訳している暇はない!

どんな学習が必要?
①聞こえた英語を日本語に訳さず英語のまま解釈する力(スピード)
②音声情報を処理し、話者の意図を推察し、結論を考察する力(柔軟性)
③ヨーロッパ、オセアニア、アジアなど、英語を母国語としない人の英語アクセントに慣れる(経験)

入試問題としての是非は様々ですが、「日本の子供たちにも本物の英語力を」という点で、この問題に対応できる力を身に付けさせたい。これが私たちの思いです。

他の英会話教室や塾にないインタラクティブコースは、「リスニング対策」として長年の実績あり。今回、アミティーに在籍する高校生も、文法クラスだけを受講していた生徒と、英会話やインタラクティブを継続していた生徒とで、結果が分かれました。

★体験レッスン
50分×5回 14,850円
★インタラクティブコース月謝制
月々9,680円、2コース目受講なら6,160円
※どちらも日時予約制・振替可

クラスの定員は5名。人気の時間帯はキャンセル待ちとなりますので、お早めにご相談ください。

アミティーの新型コロナウィルス感染防止対策

□スタッフ検温、手洗い、マスク着用、手指消毒
□窓、ドアの開放、空気清浄機、扇風機による換気
□タッチペン・ボードマーカー・ドアノブ・スツール、キーボードの毎時消毒
※マスク、アルコール製剤、ハンドソープ、ペーパータオルは十分な在庫を揃えています。
□教師のフェイスシールド着用(レッスン中、教師の飛沫がお子様に掛からないようにします)
□受付ビニールシート設置(ロビー対応の際、スタッフの飛沫が皆様に掛からないようにします)
□サーキュレーター、空気清浄機の増設
□次亜塩素水精製器の設置
□非接触型体温計の設置
□グループ生徒の分散(座席間を1m以上空ける)
□ベビー教具の共有停止
□インタラクティブ教室に間仕切り設置、ヘッドセット共有の停止

【保護者の皆様にご協力いただきたいこと】
□通学前の検温(来校時に確認します)37度以上の発熱がある場合は通学をご遠慮ください。
□お子様のマスク着用(母子クラスは保護者の方)、来校時の手洗い・ハンカチ持参
□インタラクティブコースは各自イヤホン持参(ご準備お願いします)
□保護者の送迎はエントランス前までと致します。
※カウンセリング、手続き等でご来校いただく際は、事前にご予約ください。

皆様のご理解、ご協力をどうぞよろしくお願い致します。

5歳までに始めるメリット

英語を話せる人と話せない人、何が違うの?
なぜ、早い方がいいって言われているのかな?

「母国語を覚える順番」が答えです。

①聴いて理解する(0~1才)
②声に出して話す(2~3才)
③文字を読む(4~5才)
④文字を書く(6~7才)
⑤文法を知る(8~9才)

「あんなに勉強してきたのに話せない!」と嘆いているお父さん、お母さん、英語の勉強を、③から始めませんでしたか?

日本人の多くが「英会話を苦手」と感じている理由は、ここにあります。
言葉のコミュニケーションはまず音声から。
文字を読めない年齢の方が、音で覚える力が優れているのです。
適齢期は0~2才。遅くとも5才までに始めると将来の英語力を期待できます。

英語は話せて当たり前!どう備えますか?

英語が話せるだけでは意味がない?!
IT技術が進化し、精度の高い翻訳機能が日常的に使える現代において、英語ができるだけでは意味がありません。英語+αの能力が求められているのです。つまり、英語ができない人材はそもそもスタートラインに立てない可能性があります。

英語脳を作るには最低1,000時間!
TOEICで800点以上のスコアを取得するには、英語脳 を作っておくことが必要です。英語脳を作るにはどれくらいの時間が必要でしょうか?アミティー生の実績と学習歴から分析すると、最低1,000時間 は必要だと判明しました!週1回の英語教室のみだと約19年、毎日1時間費やしても約3年必要です。大人になってから本人の努力で英語脳を手に入れることはできます。しかし、教育改革後の社会では、学生の間に英語脳を作っておくことが必須です。学年が上がるにつれ他の教科や習い事で英語の時間を確保することは難しくなります。時間に余裕があり、脳が柔軟な年齢のうちにできるだけ英語に触れておきましょう!

メインカードご準備お願い致します

メインカード&メインカードCDは、入学時から小学6年生まで毎年使用するカードです。レギュラーコース(日本人教師英会話)、プラクティカルコース(外国人教師英会話)共通の教材です。以下のようにリングでまとめて頂くと、翌年もずっと同じ括りでご利用いただけます。
毎レッスンごとバラバラにご準備いただく必要はございません。レッスン前の準備時間軽減のため、ご家庭でのご協力をお願い致します。
※ナンバーはCDの表紙ウラに記載されています。

4月1日~28日(ナンバー1~10)
Unit1:answer,ask,bring,buy,call,carry,catch,clean,climb,close

5月6日~6月2日(ナンバー11~20)
Unit2:come,cook,cry,cut,dance,do,draw,drink,drive,eat

6月9日~7月6日(ナンバー21~30)
Unit3:fall,find,fly,get,give,go,have,help,hit,hold

7月7日~8月17日(ナンバー31~42)
Unit4:jump,keep,kick,knock,know,laugh,learn,let,like,listen,look,love

8月18日~31日(ナンバー43~48)
supplimentary:make,open,play,pull,push,put

9月2日~30日(ナンバー49~59)
Unit5:read,ride,run,say,see,sell,send,shake,show,shut,sing

10月3日~30日(ナンバー60~69)
Unit6:sit,sleep,smile,speak,stand,start,stop,study,swim,take

11月9日~12月7日(ナンバー70~80)
Unit7:talk,teach,tell,think,throw,touch,try,turn,use,walk,want

12月8日~1月20日(ナンバー81~91)
Unit8:wash,watch,wear,work,write,above,after,against,around,at,before

1月21日~2月18日(ナンバー92~103)
Unit9:behind,between,by,down,for,from,in,in front of,off,on,out,over

2月19日~3月18日(ナンバー104~115)
Unit10:through,to,under,up,with,he,here,I,she,that,there,these

10月1日・3月19日~31日(ナンバー116~120)
supplimentary:they,this,those,we,you