たまプラーザ校

アミティースクールニュース アミティースクールニュースAmity School News

2022.05.17
お知らせ

🌻夏セミナー受講生申し込みスタート🌻

あっという間に夏休みはもうすぐそこです!
・なかなか毎週レッスンはお忙しいお子さま
・学校がお休みの夏休みに1学期復習をしたいお子さま
・10月・1月英検受験を控えているお子さま
・これからも続けたいけどまずは夏休みから英語を慣らしていきたいお子さま
・受験に向けて英語が必要なお子さま
「2022年夏休み」に差をつける夏にしていきませんか?
くらしくは下の画像クリックで学習カウンセリングへお越しくださいませ。
2022.05.16
お知らせ

💛Born in 令和の赤ちゃん英会話、大大募集中❤

アミティーでは、年齢・学年別クラスを開講しており、

お子様が日本語と英語を区別することなく一緒に吸収していけるようなレッスンです!

おうち英語がたくさん登場するので、お子様のことばの認知能力だけでなく、
保護者の方のおうち英語実践にも役立つ身の回りの英単語やフレーズが学べます!
アミティーのBabyレッスン(2020年生まれ~2021年生まれ)は保護者と参加型のレッスンだから、
安心してお通い頂けます☆



絵本を使って、"What's next?" "Let's go!"といったフレーズや、
形▲●やお天気☀☁など、身近な身の回りのことから英語に触れていきます。

2022.05.15
お知らせ

たまプラーザ校♪オープンスクール予定★

2022.05.14
お知らせ

【5月キャンペーン★入学金0円】アミティーのiLessonを是非ご体感ください!



iLessonの魅力がたくさん詰まったアミティーの総合ホームページも是非ご覧ください♪

下のバナーよりiLessonの魅力を大公開中❤❤

↓クリックまたはタップしてください✨



 

 
2022.05.13
お知らせ

英検対策レッスン受付わずかです!!

2022年度第一回受験予定の方、『対策レッスン』を希望の場合はお急ぎお問い合わせください!

残席わずかとなっております。


下記のリンクよりお申込み内容に
↓ 『英検対策希望』とご明記ください ↓
2022.05.12
お知らせ

☆邦人教師コース☆学習者と同じ目線で分かりやすく指導します!!

2022.05.11
お知らせ

今月のスペシャル無料体験レッスン予定🎏

2022.05.09
お知らせ

私立中学校へ通われる皆様へ

アミティーたまプラーザ校では、川崎市、横浜市の市立中学に通われる生徒様が
たくさんレッスンをご受講されています!

アミティーなら私立中学のカリキュラムで求められるような高い英語力を身に付けることが可能☆、

オリジナルの電子ボードiLessonを使用した双方向性の会話レッスンで

『少人数でしっかり発話機会を確保!』

『ネイティブ教師の英語シャワーを浴びるうちに、各試験でリスニングの点数が上がった!』

などしっかりと成果が出ているとご好評を頂いております♪



お子様の学習経験に合わせて指導しています☆
おすすめは、個人の目標や目的別に細かな指導ができる外国人教師プライベート会話レッスンです!
→火曜日19時の枠が空きました!お申し込みは先着順となりますので、
お子様にプライベートが合っているのか、グループが合っているのか、是非学習カウンセリングへお越しください!
アミティーのレッスンが気になるという方は、是非お問い合わせください♪

平日19時は最終時間の為、部活がある中高生に非常に人気です💦
まずはお気軽にお電話もしくはメールにてお問合せください。

 

アミティーたまプラーザ校 ☎045-905-2975 (火曜~金曜11時~20時開講、土曜10時~19時開講)
日曜・月曜はお休みを頂きます。頂いたご連絡には、火曜日以降に順次担当者より折り返しご連絡差し上げます。
_
2022.05.08
お知らせ

☆横浜市青葉区・川崎市宮前区のベビー英会話ならアミティーへ!☆



日曜・月曜はお休みを頂いております。
体験レッスン・学習カウンセリングのお申し込みは下記フォームよりお願い致します。

2022.05.07
お知らせ

✨早期から英語を始めるメリットとは・・・?✨

〇英語と日本語は音がまったく違う!〇
多くの日本人が、英語を聞き取りにくいと感じてしまうその原因はどこにあるのでしょうか。
もともと人間の聞き取れる周波数は16ヘルツから16,000ヘルツくらいです。
ところが、言語によって優先的に使われる周波数が大きく異なります。日本語は1,500ヘルツ以下の音声に意味を持ち、英語の場合2,000ヘルツ以上の音声に意味を持ちます。

日本語は、どの音にも母音(a,i,u,e,o)が含まれ、子音のみで終わる単語はありませんが、英語には子音のみで音節を区切る単語があります。たとえば、パンを英語で言うと【Bread】ですが、日本語のカタカナ表記だと【ブ・レ・ッ・ド】と4つの音節に区切ることができます。これに対して英語の発音で読むと、母音はBreadのeaのところのみになり、1つの母音だけの1つの音節だけの発音になります。日本語だと4つの音の組み合わせなのに、英語だとたった1つの音になる為、『英語=スピードが速くて聞き取れない』と感じてしまいがちです。このように大人でも習得が難しい言葉をBabyはどのように学習をしているのでしょうか!

〇乳幼児期の言語習得と脳の発達〇
乳幼児の脳と耳の発達は1~3歳にかけて急激に進みます。家族や家の外で様々な経験をすることによって、言語習得の神経回路が作られますがが、この時期は一生に一度きり!母語以外の言語では、2~3歳の時期にこの神経回路が作られると言われています。

こどもはお母さんのおなかの中にいるときから音を聞いています。生まれてからは、高い声でゆっくりと音楽のように抑揚をつけて話しかけることによって「音素」という言葉の最小単位の音を認識することができます。6か月以降は、たくさん話しかけることで脳の回路を刺激しましょう。子供は、【見る・聞く】を何度も繰り返して単語を覚えていきますが、言葉を覚える瞬間は、交互に会話をして言葉を発する瞬間です。