熊本水前寺校

アミティー広場

子供英語・英会話教室の専門校としての長年の経験から生まれたアミティーの英語教育に対する考えとそのシステムには、
0歳児から高校生までの子供たちに正しい英語を高いレベルで修得していただきたいという想いが集約されています。

●中学校英語準備クラスのご案内

「英会話を習っていた」というすべてのお子様方が中学校に入って英語が得意になるかというと、そうでもありません。音で覚えていたものを、文字で見て・書いて、が出来るかどうかで、学校のテストでも点数が取れるか取れないかという差が生まれます。

アミティーには小6文法クラスというものをご準備していますので、小学校5年生までに文章を読む力をつけるレッスンを行い、中学校進学前に中1文法の先取り学習ができます。

もし「もう小学校6年生だけど、まだ英単語や英語の文章を読む力がない。。。」というお子様方もご安心下さい!秋~3月で短期集中的に学習をする中学準備・個別レッスンをご用意しています。

他スクールとのダブルスクールも大歓迎ですので、ぜひ一度ご相談下さい♪

学習カウンセリングのご要望→096-213-0080(熊本水前寺校)

●中学1年生座談会後記(2021年度春)

先日、中学1年生(ご本人)の希望者の方に集まっていただき、座談会を実施しました。
ご参加いただけなかった方もいらっしゃいますので、後記を掲載させていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・

★学校の英語の定期テストで高得点を取る勉強法は?
英語の予復習の仕方、ノートの作り方・使い方についてお話をしました。
予習として教科書の本文を読み、ノートの見開き左側に本文を(1~2行間をあけて)と新出単語をノートに書き写し、出来れば本文訳と単語の意味まで書いていく。授業中に確認した本文訳や単語の意味を予習で書いてきた本文の下や単語の横に書いていく。右のページは板書を写したり、テストに出そうなポイントをまとめるなどすると、テスト前にノートの見るべきところが分かりやすい、などのアドバイスをさせていただきました。
学校によってはノートの使い方が決まっている場合もあると思いますので、それは学校のやり方に従ってください。

★英会話力を伸ばすために普段から意識しておくことは?
日本の英語教育の水準は高く、小3~高3までの10年間英語を学習することになりました。しかし、それでも学校教育だけで大人になって「話せる」人はほんの一握りでしょう。
今回の教育改革で教科書も変わり、「やり取り」「発表」が多く取り入れられるようになっていますが、ひとクラス約30人の中で個人が「話す」という時間はほんのちょっとです。
そこで中学生に頑張ってもらいたいのは、「習った文章を使って」「自分のことをあてはめた文章を作って」「誰かに話す」という作業(練習)です。
そしてこれをできれば発音まで意識できるよう「外国の人」と練習してもらいたいと思います。そして自分のことが話せるようになったら、「相手に質問する」ことも練習していきます。これを続けることで、絶対に話せるようになります。
学校で習った英語は、どんどんアミティーでも「使う」ことを意識しましょう。

★3年後にくる「高校受験」のために今知っておいた方がいいことは?
受験とは何か、私立高校と公立高校の違い、偏差値の意味、どの高校が現在どのくらいの偏差値で合格圏内か、まず質問をしながらお話ししていきました。
高校は中学と違い「受験」をしなくては入学できないということは皆さん知っていらっしゃいましたが、偏差値についてはご存じなかったようでした。なんとなく「この高校にいってみたいなぁ」「親は〇〇高校がいいよって言っています」など漠然とイメージをお持ちでしたが、その高校に入学するためにはどのくらいの偏差値が必要かということを知ると「へぇ~頑張らなきゃ!」とわくわく・ドキドキしていらっしゃいました。定期テストの成績表が帰ってきたら、まず気になるのは「順位」だとは思いますが、「偏差値」をしっかり見ていくことをお勧めしました。
また、内申点についてもお話をさせていただきました。内申点がどのようにつけられるのか、受験にどのような影響があるのかなども知っていただくことで、「授業ちゃんと聞いとかないとな~」「テスト頑張らなきゃ」「不良になったらだめってことですね!」などいろいろな感想がありました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中1から受験のことをお話しするのは少し早い気もしましたが、高校受験を意識して3年間生活するかしないかでは、気持ちの面で大きく違ってくると思いましたので、今回中1の皆さんにお話しすることにしました。予想以上に興味を持って聞いてくださっていて、嬉しかったです。
これから思春期で多感なお年頃になられると思いますが、ぜひお子様方にはアミティーを「色んなお話を気軽にできる場」と思っていただきたいなと思います。

アミティー熊本水前寺校 藤本
TEL:096-213-0080

baby

中高生は英語が話せるようになるかどうかの大切な時期です!

●令和生まれのベビークラス、見学・体験できます♪

アミティーには、生後6ヶ月から通える“ベビーO”クラスがあります。すでに令和生まれのベビーちゃんたちが、楽しく通ってくださっています♪

特徴① 乳幼児期でのインプット

ことばを習得する最初期の段階から日本語と英語を同時にインプットします。「言語」の概念がないベビー期は、自然に英語を吸収するチャンスです。

特徴② 保護者参加型のレッスン

親子のスキンシップを通してリラックスしながら楽しく英語を学んでいく、お父様・お母様参加型のレッスン。
普段の生活に身近な単語やフレーズを学習するので、おうちでも実際に使って見やすいと好評です。

特徴③ 情操面の発育

リズムあそびなどを活用して、英語学習だけでなく、お子さまの情操面の発育もうながします。

特徴④ グループレッスン

1クラス親子2〜5組までのグループレッスンを実施。お子さまは落ちついた環境で楽しく英語にふれることができます。
ベビークラスだけでも3クラスに分かれており、1年以上年の離れたクラスメイトがいないので安心、と好評です。

特徴⑤ 情報交換の場

教室は、お父様・お母様同士の交流や情報交換の場としてもお役立ていただけます。

👉ベビークラスの内容をちょっとノゾキ見♫

★ベビーOクラス:満6ヶ月~11ヶ月
 熊本水前寺校:(水)11時 (木)11時 他

★ベビーABクラス:1歳
 熊本水前寺校:(水)15時 (木)15時 他

★ベビーCDクラス:2歳になる年度
 熊本水前寺校:(木)11時 (土)11時 他

アミティー熊本水前寺校 096-213-0080(火曜~土曜/11時~19時)

0歳クラスからのスタートで、英語脳を育てよう♪

●高校卒業時の学習語彙数、最大2000語増!

昨年度までの学習指導要領では、
中学生1,200語、高校生1,800語で、高校卒業時の学習語彙数は約3,000語でした。
今年度からの学習指導要領では、
小学生600-700語、中学生1600-1800語、高校生1800-2500語で、高校卒業時の学習語彙数は4000語-5000語となりました。
最低でも1000語は増え、最大で2000語も知っておくべき語彙が増えた、ということです。

また、小学校で学習する600-700語は、中学校過程では既習語彙とされ、もう新出単語として扱われません。
小学校のころから英語が「好き」・「得意」と感じられないと、どんどん取り残されて行ってしまいます。

アミティーでは、日本人教師担当の会話クラス「レギュラーコース」と外国人教師担当の会話クラス「プラクティカルコース」があります。3歳(年々少)~12歳(小6)まで上記の2コースを週2コースで受講し、中学3年間週1コースを受講することで、学習語彙数は10,037語!

楽しみながらこれだけの語彙数を学習することができます。
今からでも遅くはありません。「やろう」と思ったときからすぐに行動することが大切です。

ぜひ来月から、アミティーで楽しく英語を学んでください。
ただいま無料カウンセリング実施中!お子様にぴったりの学習方法を無料体験を通してご提案させていただきます♪

アミティー熊本水前寺校 藤本
TEL:096-213-0080

あなたの「今」から始めれば大丈夫!

●こども英会話スクール選びのポイント

こどもの英会話スクール選びは、中学・高校文法が頭に入ってから自分の意思で学習する大人の英会話と同じように考えてしまっては後から大きく後悔することがあります。
まっさらな子ども達が英語を会話から学ぶということは、真っ白な画用紙に絵を描いていくことにも例えられます。

いきなり絵具で描く絵もクリエイティブで良いかもしれませんが、構図を決めて、下書きをして、色や筆を選んで書いた絵の仕上がりの美しさは多くの人に認められるものになると思います。
お子様の英語学習も、年齢に合った到達目標を細かく定め、それに向かってコースを選択しながら、基礎から応用まで丁寧に学ぶことで、世界中の多くの人々と会話ができるコミュニケーション能力を培うことが出来ます。

お子さまの英会話スクールを選ばれる際には、そのスクールではどれだけ細かく到達目標を設定してあり、どれだけ選択肢があり、どれだけ計画的にスキルアップできるスクールかで選んであげてほしいと思います。
アミティーの英語教育については、無料学習カウンセリングでぜひじっくりと知っていただければ幸いです。

アミティー熊本水前寺校 藤本
TEL:096-213-0080

5年後、10年後、20年後を見据えたレッスンを提供していきます。