海外研修レポート

日頃身につけた英語力を発揮!
海外研修ツアーに参加されたアミティー生徒のコメントをご紹介します。

海外留学を支援するアミティーのグループ企業、「留学ジャーナル」の主催ツアーへ、アミティー生徒が参加。
日頃身につけた英語力を発揮するとともに、現地の学生やホストファミリーなどとの交流を通じてコミュニケーションを実践し、
異文化に触れて視野・見聞を広めました。参加された生徒さん達のコメントをご紹介します。

ニュージーランド研修

生徒写真

Yura さん(中3)

富山校

研修先写真

今回のニュージーランド語学研修は、私にとって本当に実りの多いものでした。出発前は、自分の英語力で果たして通用するのかと不安でいっぱいでしたが、ニュージーランドの人たちは皆とてもフレンドリーで、初対面でもHi!と話しかけてくれ、たくさんコミュニケーションを取ることができました。滞在中は、午後3時過ぎまで現地校で授業を受け、放課後はホストマザーと外出するなど、とても充実した毎日を送ることができました。私のホストマザーは、私をビーチやスーパーなどいろいろな場所に連れて行ってくれました。シネマで映画を観たのも良い思い出です。また、現地校に通学したことで、たくさんの友達を作ることができたのが何より嬉しかったです。
この留学を通して、自分に自信がついたことはもちろん、何事も自ら進んでやる、という意欲的な姿勢が身に付いたと思います。9日間という短い間でしたが、ニュージーランドでの生活を満喫することができました。

研修先写真

参加プログラムについて

オークランド近郊の家庭にホームステイ。また現地の公立校Waiuku Collegeに通って地元の生徒と一緒に授業に参加。英語とともにニュージーランドの文化を学びました。

オーストラリア研修

生徒写真

Hitomi さん(中2)

富士校

研修先写真

私がパースで過ごした10日間は本当に貴重で素晴らしい時間でした。現地の英語はとても速くて省略も多く、最初はホストファミリーとの会話も集中して聞かなければならなくて、自然な会話ができずに悔しい思いもしました。でもホストファミリーがとても気を使ってくれ、いろんな所に連れて行ってもらって、毎日とても充実していて心から楽しいと思えました。また英語の授業では、日本から一緒に参加した仲間と応援しあったり、現地の生活で驚いたことや楽しかったことを共有しあいました。今回の留学で特に思い出に残っているのは現地の小学生に日本の伝統的なおもちゃを紹介したことです。けん玉や折紙など英語で説明するのは難しかったですが、みんな楽しそうに遊んでくれました。また、ランチタイムに一緒にお昼を食べたり、鬼ごっこをしたりと、とても楽しくたくさん英語を使うことができたと思います。この10日間でオーストラリアの生活や文化を実際に体で感じることができて、とても良かったです。この経験を今後の英語の学習に生かし、いつかまた留学をしたいです。

研修先写真

参加プログラムについて

西オーストラリア州の州都・パース近郊に滞在し、ホームステイしながらMT LAWLEY高校に通学。小学校の日本語授業のアシスタント等も経験し、現地の人達と交流を深めました。

オーストラリア短期留学

生徒写真

Sayaka さん(高3)

米子校

私は今回の春休みに西オーストラリア州のパース市に3週間留学し、ホストシスターが通う現地の高校に通学しました。私が現地に行った3月は南半球では秋だったので、とても過ごしやすい気候でした。オーストラリアの人々はフレンドリーな人がとても多く、多民族国家なこともあってか異文化を積極的に取り入れる文化もあり、簡単な日本語なら話せるという人が多かったのが印象的でした。また、インド洋に面しているせいか水不足はそれほど深刻ではないようでした。現地の学校は校区制で、12~17歳の子供たちが同じ校舎で学んでいました。授業は15人程の少人数体制で行われており、日本の大学のように生徒たちが自分の興味のある分野の授業を選んで取れるので、授業ごとにクラスメイトが変わるのが新鮮でした。また、ファッションやシステムエンジニアリングなどの専門的な授業や、体育の授業で海難救助訓練があったりしました。スクールボールというダンスパーティーのような、日本ではなかなか体験できないような楽しい行事もあり、とても充実した時間が過ごせました。

参加プログラムについて

西オーストラリア州・パース近郊のKENT STREET高校に3週間にわたって通学。同校ではファッションやデザインなどの科目もあり、専門的な英語の語彙・用法も学べました。