松本校

教室紹介School

住所

〒390-0815 松本市深志1-2-18コスモビル1F

GoogleMapGoogleMap

TEL:0263-34-2868

開講曜日

× ×
受付時間:
11:00~20:00
開講時間:
12:00~21:00

※GW、お盆、年末年始はお休みとなります。詳しくはお問合せ下さい。

交通アクセス

最寄り駅 JR松本駅
アクセス 目印 井上デパート
経路 松本駅正面より徒歩5分。松電バスターミナルをすぎて左折し、150m先左手にございます。

松本校へのお問い合わせ

入会に関するご相談やご質問などお気軽にお問い合わせください。
担当者から責任をもってご連絡させていただきます。

TEL0263-34-2868

受付時間:
11:00~20:00
開講時間:
12:00~21:00

松本校からのメッセージ 松本校からのメッセージMessage

アミティー松本校のHPへようこそ♪
アミティー松本校は、赤ちゃん、幼児、小中学生、高校生、保護者、シニアと多くの世代の方にご通学頂いている英会話スクールです。お子様の英語学習を家庭でサポートする為の保護者クラスなども充実♪目的に合わせたレッスン形態や月謝制、回数制など様々なレッスンをご用意しております。
電話、またはHP欄でお気軽にお問い合わせください。



学校直通!お問合せ⇒『web問い合わせ』
学習カウンセリング・体験レッスンのご予約⇒『webレッスン体験予約』

アミティースクールニュースAmity School News

お知らせ

♦全国学力調査に英語が導入されました♦

4/18(木)に、全国の国・公・私立小学校6年生・中学3年生に実施された全国学力調査では
中学生の試験で、国語・数学に加え、初めて英語が出題されました。「読む」「書く」「聞く」に加えて
「話す」技能の測定が行われたことが大きな特徴
です。
内容は、イラストを見て、その内容についての質問に英語で答える形式です。
アミティ-では、幼児・小学低学年課程で毎週のレッスンの冒頭で聞かれること、また、
小学低学年クラスまでに習得する表現で答えられる内容です。
アミティ-の生徒さんに感想を伺いましたましたところ「簡単だった」「できた自信がある」と頼もしい答えが返ってきました。
4技能のうち、特に「聞く」「話す」は直ぐに力をつけるのは難しい技能です。

新生活に慣れた5月から、英語学習を始めたい。というお問い合わせが増えています。
GW前に学校見学・学習カウンセリングにお越し下さい!
お問合せ・お申込は、お電話またはHPより承っております。
TEL:0263-34-2868

お知らせ

家庭学習ドリルは進んでいますか?

昨年度より学習をされている家庭学習教材の進み具合はいかがでしょうか?
今年度も5月にフェアーが開催されます。ご家庭で計画をたてながらすすめて
下さい。今週から担当教師もレッスン前、終了後に確認をしてまいりますので
レッスン時には必ずご持参いただけますようお願い致します。

お知らせ

英語スピーキング力をつけるには?

2019年度から、全国学力テストで英語スピーキングテストが導入されます。
タブレット端末などへの録音でのテストとなりますが、普段から英語を話すことに慣れていないと、急には対応できません。
スピーキング力を付けるには、とにかく声に出してみること、話し慣れることが大切です。
そう考えると、今のこどもたちには、英会話レッスンは必須だと言えるでしょう。

アミティーで、お子さまの英語学習のお手伝いをさせてください!
TEL:0263-34-2868

お知らせ

幼稚園が終わったらアミティーへ♬

4月からスタートした新クラスももう3週目♪
年少さんも少しずつ園での生活に慣れてきて、『幼稚園ではいろんなことするんだー』と楽しみな事についてお話してくれています!
今年度は様々な通学パターンに合わせて年少~年長クラスを開講しています!
⓵15:00スタートクラス:幼稚園が終わってからそのままアミティーへ行く
⓶16:00スタートクラス:幼稚園が終わってから一回帰宅後、着替えておやつを食べてからアミティーへ
⓷土曜日クラス:お休みの土曜日はアミティーへ

生活スタイルに合わせた時間で受講頂けるのもこども専門校だからこそ!
無料体験レッスン、学校見学、学習カウンセリング受付中♫ アミティー松本校 TEL:0263-34-2868

お知らせ

The return of Winter

Hello from Peter at Matsumoto Amity,

Just when I thought spring had arrived, winter returned with a vengeance! Snow fell in Matsumoto and spring disappeared. Ah, nevermind, the students and teachers are still in a spring mood: a new school year, new students, new lessons, new challenges.

Recently, in bilingual class, we discussed different art forms. We talked about painting, collage, sculpture, we talked about questions such as how, where and why people make art. We wondered if the reasons people made art in the past are the same reasons why people make art today. Did JMW Turner (1775-1851) have something fundemental in common with Henry Moore (1898-1986) or Tracey Emin (1963)? It`s a interesting question, right?

Perhaps, there is something here in common with langauge too. Do different cultures at different times use language in the same way and for the same reasons? I suppose the answer to why people use language is obvious and similar to why people make art, (and has always remained the same) - to communicate. The answer to how people use language, however, is more complex. 

Similar to how people make art, how people use language can teach us about the history, development and philosophy of different cultures at different times. Do you speak in the same way as your teenage children or your elderly grandparents? Do you talk about common subjects in the same way as other cultures do? Do you talk about the world in the same terms as someone from a hundred years ago?

For instance, lets take the apparently boring example of the potato. The French for potato is, "pomme de terre", a direct translation to English would be something like, "apple of the earth", or "ground apple". An apple. How strange and different from the bland English, "potato"! This might tell us something curious about the history of French langauge and culture. It shows a different way of understanding the world, a different way of communicating ideas, and a different cultural relationship with the world around us than we see in English, even in such a small example.

Well then, try to keep `how` people use English in mind when studying (such as dialect, idiolect, slang, formality, register).
Imagine how a native speaker in each sitaution would communicate.

Having a wide vocabulary and a strong comprehension of grammar is great, but understanding `how` to use English in different situations with people from different walks of life is the key to really communicating what you want the other person to feel and truly understand.

Of course, first and most important step in language or art is to find something that you want to communicate. What would you like to say?

Peter

アミティースクールニュース一覧

コースの仕組み コースの仕組みCourse

満6ヶ月~年少対象プリスクールコース

年中〜高校生対象スクールコース

多彩なコース・クラススペシャルコース

  • アミティーのレッスンでは、幼児・小学生で英検5級・4級~3級、中学生・高校生で英検準2級~準1級に合格可能なレベルの英語力・英会話力を身につけられます。英検®対策クラスでは、各級にポイントを絞った学習に取り組み、より確実に合格に近づけます。

  • 英検Jr.対策クラスでは、GOLD・SILVER・BRONZEのグレード別にプログラムをご用意。年齡や学習レベルに合わせた英検対策レッスンで、単語や表現への理解を深めることが目標です。また、低年齢のお子さまへはマークシートの記入練習を行い、受験中のミスを防ぎます。

  • TOEIC®L&R・TOEIC Bridge®の対策クラスでは、過去問題を使った授業を展開するとともに模擬試験を実施。実践形式の学習でテスト本番に活かせる解答テクニックや判断力を鍛え、ハイスコアを目指します。

  • 帰国子女クラスでは、ネイティブの外国人教師によるレッスンを行います。海外生活で身につけた英語力や英会話力を帰国後も維持し、さらに伸ばすための学習です。

  • アミティー生徒の保護者様を対象としたコースです。保護者クラス/グランマ・グランパクラスを用意しています。ご自身の英語力・英会話力の向上に加え、お子さまが受講している英語学習の理解を深められます。

  • 学校や幼稚園の夏休み、冬休み、春休みを利用して集中的に学習を行います。教師とのマンツーマンレッスンで、一人ひとりに合わせた学習プログラムを設定。集中的な学習によって苦手分野の克服や短期間での目標達成を狙います。

松本校の特徴 松本校の特徴Features

子供英語・子供英会話専門校のアミティー松本校は、満6ヶ月のベビーから保護者様まで幅広い年代の方々に英会話を学んでいただいております。松本地域、松本市周辺の方々は教育に大変熱心で関心が高く、英会話をはじめ、児童英検・英検・TOEIC®・TOEIC BRIDGE®など各種資格試験対策、文法クラスなどそれぞれの生徒のに合わせたレッスンをご受講いただいております。英会話クラスではiLessonというシステムを使うことで様々な場面の体感を可能としています。このように、お子様の発話を更に増す工夫がたくさんの、楽しいレッスンをご提供いたしております。また、松本校の教師は日本人教師6名/外国人教師2名でどの教師も明るく真面目で英語力、指導力があり、常にどうすればお子様の英会話力、英語の力を伸ばせるかを考えレッスンを行っております。英会話はもちろん、英語のことなら何でもご相談ください。

詳しく見る

フォトアルバムPhoto album

  • 体験レッスンに是非お越し下さい♪ベイビー&ちびっこクラス毎日開講中♪

  • 英語が好きになる!毎週の楽しみをアミティーで作ろう♪

  • 0歳から18歳までのお子様をしっかり指導!中高生との文法レッスンも充実しています♪

  • インタラクティブクラス☆専任講師としっかりレッスンが受けられます♪

  • レッスンの様子です!みんなレッスンを楽しんで受けています☆

  • 資格試験はアミティーで!プライベートでのしっかりとした英検対策クラスをご用意しております。

詳しく見る